Q&A

Q.事務改善と業務改善ってどう違うの?

A. 基本的には同じです。「事務」にフォーカスした改善ということです。

Q.仕組みづくりって具体的にどんなことをしてくれるのですか?

A. ルールなく、人の能力に頼っていた業務を「ルール化」

  効率よく業務を進めるために「スケジュール化」

  仕事がより効率的に動ける「動線環境を整える」

  効率が促進される「ツールを提案」(※システム構築提案も行います)

  事務業務の「引き継ぎや指導」これら一式をまとめた「マニュアル化」

  などを、必要なものを聞き取り、提案しながら構築していきます。

Q.お試しプランの提案書は訪問後どれくらいで頂けますか?

A. 訪問後、約5営業日以内にお送りさせて頂いております

Q.事務処理のシステムを作ってくれるのですか?

A. システム制作はいたしませんが、制作会社をご紹介することは可能です。

  また、システム制作の発注の際、本当に必要なもの、不要なもの、

  使いやすい画面、操作などを実際の業務や聞き取りにより、事務のプロとしての

  アドバイスや代理発注させて頂くことは可能です。

  ※仕組みづくりの一環としてさせて頂いております。

Q.お試しプランと事務効率化相談はどう違うの?

A. 改善お試しプランは、実際に訪問し、現場を見ながら聞き取りし、問題点を積極的に

  見つけ出し、アドバイス、提案、改善実行時の見積もりまでを行います。

  事務効率化相談は、当オフィスへ来社(もしくは近隣で設定)、電話、スカイプから

  選択頂き、お悩みのご相談を受けたものに対し、アドバイスとご提案をするものです。

Q.1ヶ月あたりの訪問回数はどのくらいですか?

A. まずはお試しプランで提案する見積もりでも変わってまいりますが、

  コンサルティング分量が大きく、御社の従業員で実働を行う場合は月2日~3日

  一旦、実働引き受けの場合は、月6日~10日までの訪問にてお見積りさせて

  いただいております。

Q.事務代行や請負いをお願いできるのでしょうか

A. コンサルティング、アドバイスを主軸をしており、原則として代行・請負をお引き受けして

  おりません。

  但し、下記のようなケースの場合、仕組みづくりの一環として行うこともございます。

  ●今から事務員を求人する会社様の事務業務フロー作成、マニュアル作成の一環として

  ●事務員が突然辞めてしまい、事務引き継ぎが出来ない状態の会社様のフロー確認、

   マニュアル作成の一環として

  ●ワークスタイルの変化に伴う在宅業務への移行の仕組み構築の一環として

Q.仕組み作りは4ヶ月以上かかるのですか?

A. どんな仕組みを必要としているかにもよりますが、

  事務業務を整理整頓➡引き継ぎまで行うには4ヶ月以上を頂きます。

  ただし、一部の業務にフォーカスした単発の仕組み化の場合は

  1~2ヶ月でも可能な場合がございます(※マニュアル化までの場合に限る)

  まずはお試しプランにて最適プランのご提案をさせて頂きます。

  ⇒事務効率化仕組みづくりはコチラ


★【ダイジェスト】朝5分で出来る仕事管理術

第17回セミナーコンテスト東京大会3分ver

おススメ文具CamiAppSのユーザーオフ会で取材を受けました